BUYMAにおける外注化の方法〜報酬額の決定方法〜

こんにちは!櫻井ゆうきです!
だいぶ日が短くなり肌寒くなってきました。体調いかがお過ごしでしょうか?

今回は外注パートナーさんの報酬額についてです。

“生徒さん”
報酬額っていいったいいくらが適正なんだろう・・

あなたも外注さんを募集する際このように考えることはありませんか?

報酬額には厳正な決まりはありませんが特に初めて外注さんを募集される際は、相場などもわかりませんし、悩ましいところでしょう。

 

 
 

バイマ の商品登録で外注パートナーの報酬額の目安は??

 

【外注パートナーの報酬額の目安】

画像加工・商品登録1件あたり:50~100円程度

1商品50円で依頼し、200商品登録の場合=10000円の報酬額

 

目安の報酬額が50~100円と幅がありますが、これには理由があります。クラウドソーシングサービス募集サイトによって相場が変動するためです。報酬額を決定する際は他に募集されている方の報酬額を事前にリサーチしてから報酬額を設定しましょう。

 

例のように10000円の外注費用を支払うことであなたが作業できない時間に、200商品もの商品が登録され、200商品の中から数点の売れるだけでもとが取れてしまいます。

あなたが今まで出品作業に当てていた時間を売上に直結するリサーチ作業などに回すことで、作業時間を節約しつつ売上を拡大することができます。

また報酬額に関してお試しで「50商品2500円」など合計金額は定額のまま募集を行っている方がいますが、これはやめましょう。

このような募集は審査が通らないのはもちろん、時給換算した際に「最低賃金」を下回り、法律違反となってまいます。

1案件は最低でも100商品〜に設定し、金額を大きく見せる事で募集も集まりやすいです^^

 

まとめ▼

報酬額が多いと応募はたくさん集まりますが、しっかりと人選する必要がありますしコストが大きくなります。

特に外注さんをを初めて募集される場合は、相場を見ながら無理のない報酬額で募集を行ってみましょう、応募者の反応を見ながら報酬額を微調整してみるのもオススメです。

 

桜井
最後までお読み頂きありがとうございました。この記事が、

タメになったよ^^!」という方はコチラのボタンを押して応援して下さると嬉しいです^^

 コチラ
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
今回の記事に関してご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせフォームもしくは、LINE@より声を頂ければ幸いです。
 
 
また、本記事に関しまして、より深い内容を無料LINE講座」でもお伝えしております。今なら登録者限定で「スタートアップマニュアル」をプレゼント中ですので、是非登録してお受け取り下さいね^^
 
 
 
 
今すぐ【登録者限定プレゼント】を受け取り、LINÈ講座を受講する♪
↓   ↓   ↓

シェアしてくださいね!

質問できるLINE講座♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です